The 企画 エルサーチ
LSearch http://www/lsearch.jp/
HOME プライバシーポリシー サイトマップ
初めての方へ 新規会員登録 企業さまへ エルサーチについて お問い合わせ

美味の現場 (5)株式会社駒嶺商店

 

(5)

 

綺麗な地下海水を活かして塩づくりを

株式会社駒嶺商店

青森県下北郡風間浦村
(かざまうらむら)

 

  津軽海峡を目前にして

  下北半島の先端近くに位置する風間浦村。目の前には広大な津軽海峡を眺めることができる自然豊かな環境です。こちらで天然の海水を使用した塩作りに取り組んでいる、株式会社駒嶺商店を訪ね、販売営業グループリーダ川村義信さんと、塩の製造に携わっている川島武夫さんにお話を伺いました。


■■ 天然の恵みを活かした商品づくりを

「津軽海峡の綺麗な地下海水を使用して、良い商品ができないだろうか」と考えていたところ、全国的に「塩ブーム」が起きていることに着目。平成20年春頃から実験をはじめ、平成21年から本格的に取組みました。青森県内では塩を作っているところが無く、岩手県の野田村まで勉強に出掛け、技術を習得して今日に至っています。

  こだわりの製法

沖合80m地点の海底地下5mの場所に自然ろ過されて浸透する地下海水をくみ上げ、紫外線殺菌ろ過を行った後、2〜3日程、じっくりと県産木を使って平釜にて炊き上げます。手作業で愛情を込めて製造されるall青森県産のこだわりの逸品です。

原料である地下海水は、海洋深層水と比較してみると、さらに水の汚れがないのが特徴。全国でも地下海水を塩に加工しいるところはあまりなく、非常に珍しい塩であるということも商品の特徴の一つです。

■■ 新工場

作っているのは本社事務所から車で5分位のところにある工場です。当初は釜1台のみで製造していましたが、昨年の9月に新工場を建て、今では3台の立派な釜を使用して製造に取り組んでいます。

  塩ができるまで

紫外線殺菌処理を終えた海水をこちらの釜に入れます。

塩作りをしている最中は、常に薪の具合いを見ながら作業をしています。

 

時間をかけて釜の中でグツグツと煮立ち、四角垂の形をした結晶となって表面に現れます。

沸騰し、ある一定の水量になると下に沈み、塩になります。

一つの釜からできる量は海水600リットルからおおよそ14〜15kgです

 

釜から上がってきた塩を、脱水します。

乾燥する前の生の塩は、まろやかでとても甘いです。

 

脱水することで、天然のにがりの出来上がり。

地下海水を使用した貴重な資源です。

脱水した塩を乾燥し、結晶の大きさを見て、荒い方は「津軽海峡の塩」に細かい方は「海と森の塩」へと商品化されます。

  楽しみながら

 

 

塩作りをなさっている川嶋武夫さんです。塩作りに携わって3年。初めの頃は、蒸発してしまったり等失敗したこともあったそうです。試行錯誤の結果、今では一定の生産ができるようになり「化学のようで楽しいよ」と笑顔でお話されていました。

  薪を炊いているため、特に夏場は室内気温が非常に高く、「水分補給が欠かせない」とのこと。商品づくりの裏には、職人さんの一生懸命な姿がありました。  

[取材:2011年5月17日/赤川]

……会社情報……

株式会社駒嶺商店

青森県下北郡風間浦村大字蛇浦字新釜谷2-3

ホームページ:http://komamine.co.jp/

【エルサーチよりお知らせ】

駒嶺商店の商品は、JR青森駅近くのA-FACTORY「フード・マルシェ」でも好評販売中です!!

HOME >美味しいものづくりの現場:(5)株式会社駒嶺商店

The 企画エルサーチ
〒030-0823 青森市橋本2丁目14-2 豊ビル1階 TEL:017-718-1607 FAX:017-718-1609
Copyright The KIKAKU LSearch All Rights Reserved.