The 企画 エルサーチ
LSearch http://www/lsearch.jp/
HOME プライバシーポリシー サイトマップ
初めての方へ 新規会員登録 企業さまへ エルサーチについて お問い合わせ

2008

The企画エルサーチの日々の活動のようすを紹介します。

 

 TOPへ111

  ページへ

【12月】

12月17日(水) 
「農家レストラン開設・運営講座」~上北元気農村起業家育成事業

 今日は十和田市へ行ってきました。
 12月とは思えないようないいお天気で、会場まで1時間半あまりのドライブはとても気持ちがよかったですよ。
 上北地域県民局主催の「農家レストランの企画書作成とプレゼン」の講師でしたが、最初は硬い表情だった皆さんも、最後は笑顔が出てきてほっとしました! 私の農家レストランのプレゼン、参考になったでしょうか?

 さて、今日は、午前中は「農家レストランの経営管理」で電卓を片手に勉強、午後はエルサーチの講座で、皆さん大分お疲れになったことでしょう。ぜひ、夢の実現に向かってがんばってくださいね!

by 対馬

12月11日(木) 
つがるブランド認定加工品発表会

 つがる市農産物ブランド化推進作物はお米やりんご、トマトごぼうなど全部で8品目。この中の農産物を使った加工品が「つがるブランド」として認定され、その発表会がエルサーチの企画・運営で行なわれました。

 100人近い方々に6種類の加工品を試食していただくのですが、時間通りうまく進むかどうか心配しました。でも、何事もなく無事終了、よかった!
 今回も周りの方々のサポートに助けられました。お手伝いくださった皆さん、本当にありがとうございました。

by 対馬

12月5日(金) 
「あなたの思いを形にしよう」~講演とおしゃべり昼食会&相談会


 河野律子さんをお迎えし、むつ市の「むつ来さまい館」で講演会、そして希望者には個別相談会を開催しました。地域の資源を活かした商品作りをしている方や、これから起業をしたいと思っている方にはとても参考になるお話でした。
 お昼には、青森で女性達に人気のお弁当や話題となっているデザートを食べながらの意見交換。昨年サバを使った創作料理コンテストで優秀賞に輝いた「八戸前沖 サバップル」(サバとりんごをコラボしたパイ)を初めて食べましたが、味は賛否両論かな? 他に「りんご入り生キャラメル」も食べましたが、口の中で一瞬にして溶けて消えました~。もっと食べたい!!
 飾らないお人柄に加え、分かりやすいお話をしてくださる河野先生には、今度は違う地域でぜひまたお願いしたいと思っています。

≪追伸≫「むつ来さまい館」の方たちがとても親切で、気持ちよく会場を使わせていただくことができました。ありがとうございました!

by 対馬

【11月】

11月22日(土) 
市町村まつり in アスパム


 青森県観光物産館アスパムで「2008青森県まるごと市町村まつり in アスパム」が開催されました。

 私たちは「県産素材を使った簡単料理デモ&無料試食」コーナーの担当でしたが、当日は野菜ソムリエのエプロンをつけ、簡単スープを作り試食していただきました。私は「ごぼうスープ」を、蒔苗は「青森県野菜のいろいろスープ」。どちらも大変好評でしたよ!

by 対馬

11月16日(日)
「あおもり北彩館」


 東京飯田橋にある青森県アンテナショップ「あおもり北彩館」に寄ってみました。
 お店の前には焼き魚屋さんが…。トラックの荷台で青森の魚を炭火で焼いて売っていました。なんと、炉辺は回転式! いいアイデアですよね~。そして、津軽弁で「まんずめぇ~」と書かれた札が貼られてました~。結構売れてました!

by 対馬

11月15日(土)追伸
世界最大級のバカラ製シャンデリア

 医療懇談会終了後、ちょっと足を延ばして恵比寿ガーデンプレイスへ。
 イルミネーションがとってもきれい! そして、世界最大級のバカラ製シャンデリアはさすがに見ごたえがありました!

by 対馬

11月15日(土)
地域医療懇談会

 青森県の地域医療確立のための懇談会が東京で開催され、私も「西北五地域医療研究会」代表として活動を発表してきました。住民と医師とのかかわり方など、とても参考になるお話を聞けました。
 今、地域に一番必要なのはどんな症状にも対応できる「総合医」。麻酔科の専門医でありながら、僻地で地域医療に携わった事から「総合医」の必要性を感じ、再度チャレンジしたという医師のお話は、とても胸が熱くなりました。医療については全くの素人ですが、これからも関心を持って取り組んでいきたいと思っています。ちょっとまじめなお話でした…。

by 対馬

11月3日(月・祝) 
弘前城菊と紅葉まつり


 弘前公園で10月24日から開かれている「弘前城菊と紅葉まつり」に行ってきました。青空が広がったかと思うと、急に時雨れたり強い風が吹いたりするお天気でしたが、たくさんの人で賑わっていました。
 桜で知られる弘前公園ですが、紅葉もなかなかのもの。桜並木が紅葉に変わって、鮮やかな色をお堀に映していました。

 実は、「菊と紅葉まつり」に行ったのは、弘前在住8年目にして初めて。園内は、色とりどりの菊がさまざまにアレンジして飾られ、紅葉との競演も見事。篤姫から五重塔、恐竜、りんごまで、さまざまなものが菊に彩られていて楽しめました。

 途中、菊人形づくりの実演コーナーもありました。人形の型に合わせて菊を1本ずつ束ねていく根気のいる作業で、一体作るのに3日もかかると聞いてびっくりしました。

by ヤマモト

★「弘前城菊と紅葉まつり」は、11 月9日まで。

11月1日(土) 
青森の素材を使ったお惣菜コンテスト

 今年は30分で作れるお惣菜コンテストで募集しましたが、たくさんの方からご応募がありました。
 最終審査にノミネートされたのは、HPでご紹介したとおり5人。今までも、男性の方の応募がありましたが最終審査に残ったのは初めて。でも残念ながら優勝、準優勝とはなりませんでした~。

 また、今年からは一般審査員も募集し、審査をしていただきました。「審査は初めてなので緊張する~」と言いながら、真剣そのもの。なかなか難しかったですね。

 さて、優勝は青森県の水嶋さん、準優勝は東京都の久野さん、おめでとうございました!!
 入賞レシピは後日ホームページでご紹介しますが、ただいま製作中。もう少しお待ちくださいね。

>> 最終審査結果はこちらから

by 対馬

【10月】

10月31日(金) 
1本15,000円のトマトジュース!

 料理教室終了後、渋谷のレストラン「セレブ・デ・トマト」(以前にこの欄で紹介/10月8日付)に行ってきました。予約が必要だったのですが、なんとか席をご用意していただき、セレブ気分でトマトがベースのお料理、お酒を味わってきました。とても美味しかったですよ!

ところで、お店で1本5,000円のトマトジュース発見!(写真左)「すごい!」と思っていたら、なんと1本15,000円のトマトジュース(写真右)もありました! ええっ? ホント? 目を疑いましたが、やはり15,000円でした!

 どんな味なのかどうしても飲んでみたくて、グラスで1杯だけ注文(1杯2,000円)し、蒔苗と二人で味見しました~。確かにまろやかで、後味もいい感じ…。こんな高級なトマトジュース、私達にとっては、きっと最初で最後の味わいかも…。
 それにしても一体どんな人が買うのか、やはり超セレブな人なのでしょうね!  

by 対馬

10月31日(金) 
青森の素材を使った料理教室(渋谷会場)

 今年で4年目となった首都圏での料理教室、今年も渋谷の電力館で開催しました。
 講師は青森同様、高城順子先生です。簡単なのに、とても豪華なお料理に変身! 青森の素材に感動していただけましたでしょうか?

 今回は、東京だけでなく神奈川県、埼玉県からもご参加いただきありがとうございました。とてもにぎやかで楽しい料理教室となりました。来年もお楽しみに!

 さて、初めてお会いした方に、「二人とも(蒔苗と私)HPに出ているイラストとそっくりね!」と言われ、私は喜んでいいのかどうかちょっと微妙(笑)~。でも、笑顔だから喜んでいいんだよね!(笑)

by 対馬

10月24日(金) 
ホタテ

 今回、エルサーチの料理教室で使うホタテを販売している「秋田水産」さん(青森県横浜町)を訪問してきました。

 あいにくの雨で外の作業は見れませんでしたが、いけすの中のホタテは元気いっぱい。ホタテの踊る?ところを初めて見ました! 見事に飛び跳ねてました! 貝があいた方向を前にして進むんですって。ご夫婦で説明してくださいましたが、ホタテを貝からはずす作業の早いこと、奥様の手わざは見事でした。
 お土産にいただいたホタテで早速カレーを作りましたが、う~ん、とてもまろやかで美味しいできあがり。豪華な夕食となりました!

by 対馬

10月12日(日) 
1dayセミナーで「菜の花生はちみつ」入りのスイーツ

 ホテル青森で「女性のためのアロマテラピー」講座がありました。
 第1部は、香りのテイスティングや、香りによる身体や心への効果的なアプローチ、リラクゼーションのしかたなどの実践。「首が痛い人!」の呼びかけに、すぐ返事をした私、モデル? になってほぐしていただきました。すごく楽になりましたよ!

 第2部はティータイム。
 「菜の花生はちみつ」入りのスイーツが3種類も出てきました。どれもとても美味しかったです。

 やせるアロマもないかしら…と言ったら、あるんですって。ぜひ使ってみたいです…

by 対馬

10月11日(土) 
田舎スイーツコンテスト&藁細工体験

 三沢の古牧温泉渋沢公園の中にある「南部曲屋」で、田舎スイーツコンテストが開催されました。どれも美味しそう! 高校生もたくさん参加していましたよ~。さて、優勝はどれになったのか…?

 同時に藁細工の体験コーナーもありました。今回は藁馬作りでしたが、ちょっと難しかったかも~。

by 対馬

10月10日(金) 
「旬どころ 花のや」

 うららかな秋晴れの日、ママ友と4人でランチに出かけました。平川市(旧・尾上町)の「旬どころ 花のや」というお店です。
 「きのこおこわ」(写真上)と「黒豆ごはん」(写真下)を注文。食事の前にいただいた「かぼちゃのごま豆腐」がとても美味しく、料理への期待もぐーんとアップ。料理の好きな女性が集まって開いたお店だけあって、季節感あふれる地場素材を使ったお料理には工夫があり、どれもとても美味しかったです。
 民家を改装した店内は、親せきの家を訪れたような居心地の良さで、おしゃべりも弾んで、つい長居してしまいました。おみやげに買ったおはぎも、素材を生かし甘さ控えめの味で好評でした♪

by ヤマモト

10月9日(木) 
白神ガラス工房作品

 先日、白神ガラス工房で作ったグラスが出来てきました。思ったより厚みがあり、グラスというよりは一輪挿しにした方がいいような~。他の皆さんは、思い通りに出来上がったでしょうか…。

by 対馬

10月8日(水) 
トマトの贈り物

 こんなプレゼントをいただきました! 全部トマトですが、オシャレですね~。こんな売り方もあるんですね!東京にあるレストラン「セレブ・デ・トマト」で販売しています。もちろんレストランではトマトを使ったお料理がいっぱい。トマト好きな私はぜひ行ってみたい! 食べてみたい!
 詳しい情報はこちらから  

 → 「セレブ・デ・トマト」www.celeb-de-tomato.com/index2.shtml 

by 対馬

10月5日(日) 
アップルマラソン

 弘前市から西目屋村までを走る弘前・白神アップルマラソンに今年も参加し、家族で3キロのコースを走ってきました。3キロには約1,000人が参加、北京五輪出場の福士佳代子選手もいっしょに走りました。私は7年連続出場の娘に大きく遅れをとりましたが、何とか歩かずに完走。
 行きはよいよい、帰りは…の後半の上り坂では、フルマラソンで40キロ近くを走ってきた人に「あとちょっと、がんばろう!」と声をかけられ追い抜かされ、逆じゃない? と思いましたが、沿道の声援とともにずいぶん励まされました。
 わずか3キロ、されど3キロ。ゴールでもらったリンゴのおいしかったこと!!

by ヤマモト

10月4日(土)PART2 
ガラス工房にて創作体験

 午後からは、白神ガラス工房にてとんぼ玉と吹きガラスに挑戦。とんぼ玉は30分ほどで持ち帰れますが、吹きガラスで作ったものは後日郵送とのこと、どんなものにできてるかすごく楽しみです。うまくできてたら、またご紹介しますね。

 帰りは、列車の窓からスタッフ山本の車を発見! 手を振ってるのが見えました!! 同じ深浦に行ってたのですが、まさかすれ違うとは…。感動のサプライズでした!

by 対馬


10月4日(土)PART1 
十二湖散策

 3日の料理教室も無事終わり、夕方からは「リゾートしらかみ」に乗り、深浦へ移動。美しい夕日海岸が見れると思ったのですが、行きも帰りもちょうどタイミングが悪く見れませんでした。残念!
 ホテルに1泊し、次の日は「青池」で有名な十二湖へ。ブナとカツラの木に囲まれて2時間かけての散策ですが、歩き始めるとカツラの木の甘い香りがいっぱい。大きなカツラの木、私が小さくかわいく見えます(笑)。トリカブトの花もありましたよ。

 青池はやはり神秘的!透明なのになぜか青く見えるんですよね~。途中の沸壺の池のほとりにある十二湖庵では、湧き出ている水を使って抹茶のサービスがありました。
 ガイドさんにいろいろな植物を教えていただきましたが、高城先生の知識もすごかったです!

by 対馬


10月4日(土) 
白神の秋「海彦山彦」ビュッフェ

 楽しみにしていた、秋の「海彦山彦」。今回も33品すべて地元の素材を使った料理で、私はもちろん完食です。
 秋というので、「山彦料理」には、きのこや菊が登場。何種類もの山のきのこを使った「きのこ汁」は絶品。「海彦料理」では、出世魚ブリの稚魚・しょっこ(汐子と書くそうです)の焼魚が珍しく、おいしくいただきました。

 どれもこれも美味しくて、食後のお腹は八分目どころか十二分目!! いくつか作り方のコツを伝授していただいたので、家でもトライしてみたいと思います。
 不老ふ死温泉に立ち寄った帰り道、なんと高城先生が乗った「リゾートしらかみ」を発見。車窓の一行と手を振りあって、思いがけず楽しい帰り道になりました。

by ヤマモト

10月3日(金) 
あおもりの素材を使った料理教室 in 弘前

 今年で4年目を迎えた料理教室ですが、今回は弘前で開催しました。
 県産品ばかりを使って4品、皆さん、とても手順がよく、あっという間に出来上がりました。高城先生からの一口知識がとてもためになりますね~。


 本日使ったお野菜のお土産で、早速作ってくれたかな? ご家族の反応はいかがだったでしょうか~。
 料理教室の様子はエルサーチレポートでご覧になれますが、もう少しお待ちくださいね。

by 対馬

10月2日(木)追伸  
オステリア エノテカ ダ・サスィーノ

 なんか舌を噛みそうですが、テレビや雑誌で取り上げられるなど超人気の弘前にあるイタリアンレストランの名前です。首都圏からここのお料理を食べるためだけにおいでになる方もいらっしゃるとか…。

 私達も一度は~と思い、8月に予約をしてやっとこの日に実現となりました。本当にどれもみんな美味しかったです!! 食べるのに夢中で途中の写真を撮るのを忘れてしまいました…。 
 デザートは1人ずつ違って4種類も~。う~ん、どれも美味しそう、全部食べたかった対馬でした!!

by 対馬


10月2日(木) 
ブナコ工場&ブナコショールーム


 明日の料理教室のためにおいでいただいた高城先生とご一緒に、弘前にあるブナコ工場とショールームを見学に行ってきました。一つひとつ全部手作りで、デザインはもとより、その丁寧な仕上がりには感動です!

 工場を後に、ショールームにも足を運びました。昨年、開催された洞爺湖サミットで各国首脳にお土産として選ばれたブナコのお盆も展示されていましたよ~。

 照明器具もとってもオシャレ…。日が暮れ始めると、普通の電球を使っていても、ブナコのランプシェードは赤い明かりになってくるんですって。もうブナコの魅力に取りつかれてしまいました。
 ご説明してくださった倉田社長様、奥様、ありがとうございました。

by 対馬

【9月】

9月25日(木)  
コスモスに囲まれてハイポーズ!


 新聞にコスモスの話題が出ていたので、公立大学に行ったついでに雲谷高原まで足を運んできました。
 だいぶん花も終わりになっていましたが、それでも、私がモデルになるには十分かな? ちょっとポーズをとってみました(笑)
 ホテルのランチがなんと600円でした!(10名様限定)

by 対馬

9月23日(火・祝) 
小学生の藁体験


 最近、藁細工もちょっとだけ人気になってきたようです。
 今回も、柏小学校(青森県つがる市)のPTA行事で子ども達に藁細工の体験をさせたいとの事で出かけてきました。最初は、緊張して説明を聞いていましたが、作り始めるととても楽しそう!
 自分で作った藁のお相撲さんで遊ぶ姿は無邪気そのもの~。かわいい弟さんも一緒に仲間入り、見ている私も楽しくなりました。

by 対馬

9月15日(月・祝)午後 
ベジフルコミュニティあおもり(あおもり野菜ソムリエの会)設立総会

 やっと少しずつなじみが出てきた「野菜ソムリエ」ですが、青森県にも「ベジフルコミュニティあおもり」が設立されました。

 本県には約100名の有資格者がいるのですが、この日は40人ほど参加。総会においての議事もスムーズに進みました。


 総会終了後は、野菜ソムリエらしく「ベジフル講座」を開催。県りんご試験場の方に講師をお願いし、スライドを使ってりんごの勉強、そして今回は8種類のりんごの食べ比べもしました。どれがどの味だったか…う~ん、見た目と美味しさはやっぱり違っていました~。

 その後は、美味しい野菜をメインにしたお料理を食べながらメンバー交流会となりました。

 これからも情報交換を通して知識を深めたり、野菜や果物に関するイベントなど実施していく予定です。野菜ソムリエのエプロン姿など見かけたら、ぜひ声を掛けてくださいね。(すみません、総会の写真は撮る暇がありませんでした~)

by 対馬

9月15日(月・祝)午前中 
平安閣まつり

 青森冠婚葬祭互助会主催の「平安閣」まつりが14日から開催されていたので、仕事の合間にちょっとだけのぞいてきました。

 月見野ラーメン販売会(先着50名様へ無料サービス)や映画上映会、板橋かずゆきコンサート、スコップ三味線、チャリティーオークションなど盛だくさんの催し物があるのですが、時間が合わずどれも見れなくて残念!

 2階では池田海さんの作品展示会も開催していましたよ。また、入り口では、高原野菜が激安で販売されていたので、それだけは私も早速購入!
 スタッフの皆さん、13日の前夜祭から本当にお疲れ様でした!

by 対馬


9月14日(日) 
2008弘前カクテルコンペティション

 8月10日に開催された第二次審査会を通過したプロ・アマ・9人による「弘前りんご」をテーマにしたカクテル最終審査会が行なわれ、今回もまた、蒔苗と参加してきました。プロ・アマそれぞれのオリジナルのカクテルを飲み比べ、1品だけ選び投票。

 さて、その結果は…?

 プロの1位に栃木県の男性が考案した「アップルロード」、アマの1位は神奈川県の女性の考案した「初恋」でした(カクテルも写真に撮ったのですが、なんと失敗していました…)。

 後でわかったのですが、実はプロの1位になった方は、昨年、日本で1位、世界で4位を射止めた方なんですって。さすがカクテルのまろやかさが違っていました~。
 来年度は「津軽の雪」をテーマに募集するそうです。皆さんも応募してみませんか?

by 対馬

9月14日(日) 
嶽きみ収穫

 家族で楽しみにしていた「嶽きみ」の収穫に行ってきました。岩木山神社を過ぎたあたりから、道の両側に「嶽きみ」「ゆできみ10本○○円」という看板を掲げた店が並び、車を止めて買い求める人がたくさんいました。
 私たちが向かったのは、嶽温泉の少し先。同じ「嶽きみオーナー」たちの車がトウモロコシ畑を目指し列をなして走る様子に、昔見た映画「フィールド・オブ・ドリームス」を思い出しました。

 畑から見る岩木山は、秋晴れの空にくっきり浮かんで絶景でした。長靴を履き、軍手をはめてさっそく収穫開始。とれたての嶽きみを生で食べたら、果物のように甘くてジューシー♪ 収穫の喜びを満喫しました。小さな区画ですが、40本以上を収穫。

 帰宅後ゆでたてをサクッと2本食べてしまいました。

by ヤマモト

9月13日(土) 
十和田市現代美術館

 今春オープンした話題の美術館に、ようやく行ってきました。正面入口の前で、色とりどりの花に身をつつんだ馬のモニュメントが歓迎のポーズ(?)。絶好の写真スポットとあって、訪れる人が入れ替わり立ち代わりカメラを向け、ちょっとした行列になっていました。
 美術館の中は、意外な場所に作品が展示されていたり、体験型(?)の作品があったり…迷路のような構造とあいまって、驚きやワクワク感がいっぱい。また行ってみたい場所の1つです。
 ちょうど「十和田市秋まつり」の最中で、美術館前の官庁街にはたくさんの出店があり、こちらもとてもにぎやかでした。

by ヤマモト

9月9日(火) 
講演「直売所における野菜ソムリエ資格取得がもたらす効果」(主催/上北地域県民局)

 今回の講演では資格がもたらす効果や可能性を伝えることだけではなく、野菜ソムリエのカッコ良さ(モデルには難ありですが…)もお伝えしたいと思い、野菜ソムリエのエプロンスタイルに髪型も変えて講演しました。

 講演後、事務局が投げかけた「今後、野菜ソムリエの資格取得を目指したい方はいますか?」の声に、数名の方が手を挙げてくださり、ホッとしました。

 …秋晴れ…お忙しい中、農作業を中断し駆けつけてくださった熱心な生産者の皆さま、ありがとうございました。

by 蒔苗

9月2日(火)
女性起業家ステップアップ講座

 昨年度に引き続き、中南県民局からのご依頼で農家の女性を対象にした講座の講師となりました。
 今回は「加工品を“商品”に」ということで、最初にそれぞれが持参した加工品のミニプレゼンとワークショップから開始。途中には試食もしつつ、蒔苗から映像を使った講義もありました。

 この日の弘前市の気温は、なんと30度! でも、皆さんは暑さも何のその、とっても元気に研修に参加してくれていました。夏バテ気味の私は反省…。
 皆さんの加工品、今日の講座でどんな“商品”に変わってくるのか、楽しみにしています。
 詳しいことはエルサーチレポートをごらんくださいね。

by 対馬

【8月】

8月31日(日)
農ハウフェスタ2008 in 青森

 青い海公園(青森市)で開かれた東北6県と新潟県の産直品を集めたイベントに行ってきました。各県自慢の産直品や郷土料理が並んでいて、どれを買おうか食べようかと目移りしながら見てまわりました。
 私が興味を引かれたのは、「まめぶ汁」。岩手県山形村の郷土食で、クルミと黒砂糖を包んで作った小麦粉のお団子を野菜やきのこたっぷりのおつゆに入れて煮込んだものです。もちっとしたお団子にクルミのサクッとした食感、黒砂糖のほのかな甘みが、しょうゆ味のおつゆに合っていて美味しかったです。
 各県の農業高校のブースもあり、高校生が育てた作物やオリジナルの加工品を元気よく販売していました。
 午後には、藁細工体験に娘が参加し、2時間近くかけて「MY藁ぞうり」を製作。編み方の工夫に昔の人の知恵を感じました。
 東北の豊かな産物と暮らしの知恵、「農ハウ」をたっぷり味わった1日でした。               by ヤマモト

藁ぞうり作りは、初心者なら丸一日かかるそうですが、この日は体験用に準備されたものを使って作りました。

8月28日(木)
農園めぐり

 前日からすごい雨で心配しましたが、お天気の神様はエルサーチに味方をしてくれたようです。
 最初に訪れた大西ハーブ農園では、ジリジリと日焼けを気にするほどの暑さとなりました。大西さんからお話を聞きながら試食し、それぞれにハーブの摘み取りに挑戦…。なんと我が家にある雑草もハーブだったとは驚きです。奥様が特別にハーブティーをごちそうしてくださいましたが、美味しかったですね!
 お昼はフレンチレストラン「ブラスリーMASUDA」(十和田市)へ。近郊の県産食材をたっぷり使ったランチは、上品なのにボリュームもあり、皆さん大満足だったのではないでしょうか。

 午後は、十和田のミネラル野菜畑での収穫予定でしたが、昨日からの雨で畑に入れないということで、急遽、別なメニューに変わりましたが、農家の方から天候に関する苦労話を聞くことができました。
 今回のお土産は、「摘みたてハーブと泥付きごぼう」だけではなく、ミネラル野菜のきゅうり・ピーマン・トマトのお土産がありました。さて、夕飯はどんなメニューだったでしょうか?

by 対馬

8月26日(火)
農家カフェ「日々木 (ひびき)」

 仕事の途中、昼食を十和田市の農家レストラン「日々木」でとり、 「農園篭盛り懐石」(900円・珈琲付)を食べてきました。お料理は週毎に変更するそうで、メニューにはカロリーも書かれてありました。地元の野菜や山菜を中心としたメニューがセールスポイントのようです。
 また、ここはNPOが運営していて、今月からは障害をもつ方も就労されているとか。機会がありましたら、お寄りください。珈琲も美味しかったですよ。

by 蒔苗

8月24日(日)
「あおもり検定」

 「あおもり検定」の第一回初級試験を受けてきました。会場には様々な年代の方々がいて、受験者も思ったより多くて驚きました。結果は…来月19日、商工会議所のホームページに合格受験番号がアップされるそうです。
 この検定には「公式テキストブック」(青森県商工会議所連合会編)(239ページ)が発行されました。このテキストは青森県の様々な分野のことがぎっしり詰まっているのですが、眺めていて(勉強ではなく)、長年住んでいても知らないことがいろいろあるなぁ~と。だから、テキストはマイカーに常備することにしました。

by 蒔苗

8月23日(土)
藁馬作り

 今年もつがる市恒例の馬市祭りが8月29日~31日まで開催されます。
 最終日には、馬ねぶたパレードが行なわれますが、藁の会でも馬ねぶたを作りました~。
 1週間ぐらい前から製作に取りかかっていたのですが、私は今日からの参加。親馬に続き子馬2頭も完成。なかなかいいできばえ! 昨年の子馬も参加してみんなで記念写真撮りました~。

 31日は、もっと兄弟が増えて楽しい馬家族でパレードになりそうですよ。
 子馬を見た子供達の喜ぶ顔が浮かんできます! 皆さんも、ぜひおいでください。

by 対馬


8月12日(火)
アピオスの花

 昨年から心待ちにしていたアピオスの花にやっと会えました! 例年だと7月に咲くのに、今年は春先の天候が不順だったため延び延びになり、やっと2、3日前から咲いたそうです。
  咲き始めはピンク色ですが、だんだんと赤色になってきます。藤の花を小粒にしたようなかわいい花でした。

 今回も「カマラードの家」の竹洞さんの畑におじゃましたのですが、アピオスの花だけでなく、白いさやいんげんの花も可憐ですね。アピオスの花は乾燥させるとお茶としても飲めるそうで、いっぱい摘んできたので早速挑戦しま~す。
 その他、ナスやピーマンなど野菜もいっぱいいただいてきました。写真のナスは超特大! 夏休みなのでスタッフの山本は親子で参加。いろんな野菜の様子が見られて面白い体験だったようでした。

by 対馬

8月10日(日)
弘前カクテル・コンペティション二次審査

 弘前市で行なわれたプロ・アマによるオリジナルカクテルコンペティションの第二次審査会に蒔苗と参加してきました。第一次審査を通ったプロ8名、アマチュア8名が作ったカクテルを試飲し、それぞれ2名ずつを選ぶのですが、試飲用の小さなコップといえども16杯も味見をするのは結構大変! 二人とも酔ってしまいました…。
 「ひとひら」の試飲会でお世話になった「バーデシカ」さんもバーテンダーでお手伝いしてましたよ。かっこいい!
最終審査会は9月14日。またまた二人で参加の予定です~。

by 対馬

8月8日(金)
「立佞武多(たちねぷた)」最終日

 熱く燃えた五所川原市の立佞武多も今日が最終日。初日に会えなかった吉幾三さんの姿も撮ってきましたよ。汗びっしょりで「立佞武多」の歌を熱唱していました!

 子供達と一緒に、赤ちゃんもお母さんに抱かれて参加していました~。ねぶた囃子が子守唄になってるようですね。これも情操教育?だよね!
 それから、高校生ねぶたも2台出陣、なんとわが母校のもありました~。がんばれ五高生!

by 対馬

8月4日(月)
いざ出陣「立佞武多(たちねぷた)」

 弘前市、青森市に続いて五所川原市のねぷた祭りも「ヤッテマレー、ヤッテマレー」の掛け声で始まりました! 高さ約22メートル、重さ約17トンの大きな大きな「立佞武多(たちねぷた)」ですが、全体の高さはビルの7階ほどだそうです。正面から見ると圧倒されるのですが、今年は館から出るところを写真で撮ったので、ちょっとイマイチかな?

 毎年、初日と最終日は歌手の吉幾三さんも参加し、「立佞武多」の歌を熱唱してくれるのですが、今年はお目にかかれませんでした~残念! でも、友人がお囃子で出ていたところは見逃しませんでしたよ! はい、ポーズ!

by 対馬

8月1日(金)
弘前ねぷた開幕

 いよいよねぷたの季節到来!! 午後になると、町中で待機場所に移動するねぷたが見られたり、見物場所を確保しようとする人が現れたりして、まつり気分が盛り上がってきます。

 夜7時過ぎ、いよいよ始まるという時になって、雨がポツポツ。でも、席を立つ人はほとんどなく、タオルや新聞紙をかぶってねぷたを待ちました。

 先頭の「津軽情っ張り大太鼓」は傘(?)をかぶった姿で出陣。こんな珍しい姿が見られたのは、雨のおかげかもしれません。
 ねぷた好きの願いが届いて、雨はまもなく止み、次々とやってくるねぷたを楽しみました。ねぷた絵もお囃子も、それぞれの団体に個性があって見飽きません。ねぷた三昧の毎日の始まりです。

by ヤマモト

【7月】

7月23日(水)
農村起業と異業種のタイアップ意見交換会

 東青県民局農林水産部主催の意見交換会に出席してきました。
 最初に「おからこんにゃく」を発案した岡田哲子さんによる講話がありました。たまたま台所におからとこんにゃくがあったので、混ぜたらどうなるか…と思い作ってみた~とのことでしたが、ヘルシーで食物繊維も豊富、今や全国で大人気の商品となりました。ベジタリアン料理研究家でもある岡田さんらしい発想、すごいですね! とても気さくな方でした。
 後半は、東青地域で農水産物加工品を販売している方や青森市のそれぞれの商店会商工会の方たちとの意見交換会となりました。エルサーチは消費者の立場での意見を少し…ちょっと辛口だったかな?

by 対馬

7月22日(火)
ブルーベリー農園

 今日は、田子町にある山本観光園さんのブルーベリー畑におじゃましてきました。
 前夜から大雨が続き、午前中も雷が鳴ったりでどうなるかと思ったのですが、午後にはピタリと止み、日焼けするくらいいいお天気となりました。いったい誰が晴れ女?

 観光農園として40アールの畑に800本のブルーベリーを無農薬栽培しているそうですが、今年はすでに600人もの方が訪れているそうです~。早速とり方を教えていただき挑戦!
 食べごろの濃い紫の実とまだ熟していない薄紫の実との色合いがとてもきれいでした。
 農園をご案内して下さった山本ファミリーの皆さん、お忙しい中を本当にありがとうございました。

by 対馬

7月12日(土)
ハワイアン料理教室

 アロハ~。青森県国際交流協会の行事に参加し、県国際交流員のザックさんにハワイの料理5品を教えていただきました。
 ハワイは日本からの移民が多い土地柄、「しょうゆ」「七味唐辛子」「納豆」などが現地に定着しているそうです。今日のメニューにも「スパム・ムスビ」(ムスビ=おにぎり)、「モチコ・チキン」(モチコ=餅粉)など、日本語がちらほら。

 味付けにもしょうゆやみりん、ごま油などを使うので、初めて食べるのにとても親しみやすく、オノ(おいしい)! 意外に簡単につくれるのもうれしい発見でした。
 さまざまな文化が集まり、融合しているなんて素晴らしいですね。行ったことのないハワイが身近に感じられ、行ってみたくなりました♪

by ヤマモト

7月9日(水)
「レッツ・トライ! あなたの可能性を信じて」

 十和田市主催「女(ひと)と男(ひと)いきいきセミナー」最終回に、男女共同参画の講師として出かけてきました。市からいただいたテーマは、「レッツ・トライ!あなたの可能性を信じて」。
 十和田市には「ゆっパル」という、とても充実した内容の男女共同参画の情報誌があります。また、既に男女共同参画を推進するための市民組織もありますが、今回は初めて学ぶという市民20名が対象の講演でした。
 とても熱心に耳を傾けていただいたため、私も熱が入ってしまい、少し早口になったかも…。
 皆さんの様々な分野でのご活躍を期待しています。

by 蒔苗

【6月】

6月28日(土)
流しそうめん&藁相撲大会で交流

 藁の会メンバー宅にアメリカからお客様がおいでになりました。もちろん、藁細工に挑戦していただきましたが、今回は藁でお相撲さんを作り「トントン相撲大会」です。私は準決勝で敗退…残念!

 そのあとは流しそうめんでのおもてなしとなりました。流しそうめんは私も初めての体験でしたが、なかなか面白かったです。とにかく楽しんでもらえたようで交流会は大成功かな! 私的には、エマちゃんに片言の英語が通じてホッとしました~。

by 対馬

6月23日(月)
FM青森収録

 

 今日は高城先生をつがる市経由で十三湖方面にご案内してきました。
 もしかしたらニッコーキスゲの湿原(つがる市)がまだ見られるかもと期待していったのですが、残念! お昼は、しじみ亭奈良屋(十三湖畔)さんで「しじみづくし」の昼食でしたが、特に釜飯がおこげもできていて美味しかったですよ~。
 午後は、津軽金山焼(五所川原市)の窯元へ寄り、火が入った登り窯を見学。そして、ラジオ番組収録のためにあわただしく青森へ。
 FM青森「リラックスカフェ」の7月ゲストは高城先生です。ずっと収録を見守っていましたが、聞き手の奥村潮さんと息もぴったりで、とても楽しいお話でした。ぜひ皆さんもラジオ聞いてくださいね。7月の毎週土曜日朝8時30分から4回放送です。どうぞお楽しみに!

by 対馬

6月22日(日)
エルサーチの食塾~「快適食生活」

 NHK「今日の料理」でおなじみの高城順子先生をお迎えして、アスパムで食塾を開催しました。先生が料理研究家になったいきさつや、幼児期の味覚の話、料理が苦手な人でも楽しくできそうなお話でした。
 先生がわざわざご自宅から持参してくださった6種類の果実酒、ちょっとだけ試飲してみましたが美味しかったです!
アスパムから眺めた海の景色もきれいでしたが、先生の水色のスーツもとてもお似合いで素敵でしたね。
 詳しいことはエルサーチレポートをご覧ください。

by 対馬

6月17日(火)
ふくちジャックドセンターへ

 南部町(福地村)の「ふくちジャックドセンター」へ行ってきました。「ジャックド」ってどういう意味かわかりますか? 津軽弁で「いっぱい」という意味…そうですよね、青森県の皆さん!
 この日、センターは接している温泉施設と共に年2回の連続休業日だったのですが、とても元気な「ふくちフレッシュ会」の皆さんに料理コンテストに使う食材についてお話を伺ってきました。
 帰りに田んぼアートを見つけました~。ちょっとわかりにくいですが、イカの絵でした。

by対馬

6月9日(月)
蕎麦の試食会

 野辺地町で土日だけ営業していたお蕎麦屋さんが、6月16日に「海苔屋の蕎麦屋やながわ」として青森港旅客船「ほくと」ターミナルビル2階(八甲田丸隣)に新装オープンすることになりました。それに先駆け、ぜひ消費者の意見をお聞きしたいとのお話があり、急遽、蕎麦の試食評価会を開催しました。
 試食は天ざる他2点。蕎麦好きの方たちが試食するとあって、蒔苗から紹介されたご主人もちょっと緊張気味かな…?

 試食後は、会場を移動し、アンケートと自由トーク。皆さん真剣ですね~。
 お店は、窓から海が見えとてもいい感じです。皆さんもぜひ足をお運びください。ただし、お昼だけの営業ですからお間違いなく! 詳しい内容はエルサーチレポートをご覧ください。

by 対馬

6月9日(月)
宵宮

 今度は、本物(?)の宵宮の話。
 今日は、近くの和徳稲荷神社の宵宮でした。私たちが着いたとき、ちょうど神楽が行なわれていて、境内はお祭らしい雰囲気でいっぱい。
  参道に夜店が並び、子どもたちがお小遣いを手に何を買おうか品定めしたり、くじの結果に一喜一憂する様子は、まるで自分が子どもの頃にタイムスリップしたような懐かしさがあります。

 この神社は、その昔、南部氏の配下・小山内讃岐守の和徳城があったところで、和徳歴史探偵団によると、けの汁発祥の地だとか。けの汁の無料ふるまい(実はこれが目当てで出かけた)には、長い列ができていました。
 おなじみの人参や大根、ふきなどの他、じゃがいもが入っているのが特徴で、とても美味しかったです♪

by ヤマモト

6月8日(日)
「藁の会」研修旅行

 6月7、8日と1泊2日で仙台、福島方面に行ってきました。
 1日目は福島県会津地方の「大内宿」を見学。とっても風情がある萱葺き屋根の軒先では、お土産品の販売とネギ1本を箸代わりにして食べるユニークなお蕎麦があり、早速挑戦しました。蕎麦と一緒にネギも食べていくのですが、ネギの味が強烈過ぎて蕎麦の味がどうだったのか…味は思い出せません…。
 2日目は、桐の里で有名な三島へ。開催中の「みしま工人祭り」は全国各地から「匠の技」が集合していました。地元のおじいちゃん、おばちゃんも山菜を売ったり、技を披露したりでいきいきとしていました。イベントの「ぞうり投げ大会」に私も挑戦しましたが、5mちょっとと、難しい~。

 その後、手打ちそば処「秋保草庵」(仙台秋保温泉付近)に寄り、ストローベイルハウス(藁の家)を見学。ここは1階のお店部分が藁でできています。外側は土蔵風でありながら柔らかい感じがし、中もとても素敵な造り。壁にガラス窓があり、中が藁でできているのを確認することができます。環境にやさしい「エコハウス」ですね!

 3時過ぎに着いたため、残念ながら蕎麦は完売で食べられませんでしたが、青森から来たことを伝えると、お茶と蕎麦かりんとうをごちそうしてくださいました。美味しかった!
 朝6時半に出発し、翌日夜11時半ごろに帰るという超ハードのスケジュールでしたが、とても楽しい仲間との旅でした。それにしても、私たちの「藁の家」はいつできることやら…。

by 対馬

6月7日(土)
しかない宵宮

 しかないせんべい新寺町本店の「しかない宵宮」に行ってきました。宵宮(よみや)は寺社の大祭の前夜祭で、たくさんの露店が並ぶ、夏の津軽の風物詩です。
 しかないさんの店先にも「金魚すくい」「風船つり」「わたあめ」「お好み焼きせんべい」のコーナーが。驚いたのは、わたあめ。なんと市販のキャンディーで作れる機械があるんですよ!! 煎餅にトッピングして作る「お好み焼きせんべい」は味もアイディアもグ~♪で、とても楽しめました。
 最後に、商品券ゲットを目指して「宵宮検定」に挑戦! 難問もありましたが、宵宮や弘前の寺社についての知識がちょっぴり深まりました。検定の結果は後日…ということで、半分ぐらい(?)期待して楽しみに待ってます。

 by ヤマモト

【追記】6月12日、宵宮検定の結果が届きました。10問中9問正解で、しかないせんべいの商品券500円分をいただきました!!

6月2日(月)
DM発送

 「食塾のお知らせ」と「エルサーチ情報」を会員の皆様に発送しました。県内会員800名ぐらいですが、メールでの受け取りをしてくださる方を募集しています(7月から実施予定で只今準備中)。今のところ30名ぐらいの方からOKとの返信をいただいていますが、より早い情報伝達、また経費節減のためにもメールのある方はぜひ登録をお願いしま~す。
 さて、今回ご案内した「エルサーチの食塾」ですが、とても役立つお話が聞けると思いますので、お誘い合わせの上、ぜひお越しください。

by 対馬

【5月】

5月24日(土)
今年も田植え

 小雨の中、「藁の会」の田植えを行いました。今年は代掻きも人間の足で行い、ちょっとデコボコはしますが、何とか植えられる状態にはなりました。土台がしっかりしてないと植えた苗が浮き上がってしまう…本番前の準備作業をしっかりやらないとだめだということがよ~くわかりました。

 秋の稲刈りがとても楽しみです。お米はもちろん、その後の藁の収穫(?)もまた大事な作業です。新しい藁は色もきれいでいい香りがします。

by 対馬

5月17日(土)
海彦山彦ビュッフェ

 深浦町のセミナーハウス白神勉強館で行なわれた、「白神の春・海彦山彦ビュッフェ」に行ってきました。海の幸の「海彦」料理、山の恵みの「山彦」料理、海・山の素材が出会った「海山彦」料理がずらり33品!! すべて地元の素材を使って、白神地産地消の会のみなさんが心をこめて作った料理です。
 ひととおりの料理を食べ終わるまでは、ほとんど話もせず、ただひたすら食べました。少しおなかが落ち着いてくると、地産地消の会の方にお話を聞いたり、同じテーブルの参加者どうし会話する余裕も。

 会の方は「ふだん食べているようなものばかりで…」とおっしゃっていましたが、地元の人の食べ方こそが一番おいしいと実感。山菜の食べ方も、素材の合わせ方も、味付けも、なるほど! と思うものばかりでした。
 33品は、十二湖の湖の数にちなんだ品数だそうです。もちろん私は全品完食。白神の春の恵みにおなかも心も満たされた1日でした。

津軽金山焼の器に、白神の水とブナの葉。 

ほのかに甘く、抜群においしい水でした →

by ヤマモト

5月13日(火)
消防隊員訓練

 救急救命講習会の依頼のため、五所川原消防署に行ってきました。外では消防隊の方が救助訓練中。
 中国の地震の様子が報道されるたびに、心が締め付けられますが、いつ、私たちにも起きるかわからない自然災害。こうして救助してくれる方たちがいるおかげで、何人もの命が助かっています。
 暑い中、汗びっしょりになって訓練している皆さん、がんばってくださいね!      by 対馬

5月4日(日)
立佞武多の館で「藁工芸」体験

 3日、4日と立佞武多の館で初めての「藁工芸」体験教室が開催されました。
 この日は津軽金山焼、裂織、津軽塗の実演もありましたが、体験できるのは「藁工芸」だけとあって子供たちには大人気でした。右の写真の黄色のTシャツの女の子は、2日間とも朝から終了時間までずっと藁細工に没頭。アシスタントができるほどに上達しましたよ! 観光客の方も作りたそうにしていましたが、時間がなくあきらめてバスへ~。

by 対馬

5月2日(金)
弘前春ねぷた

 弘前の中心・土手町で「じょっぱれ弘前」と題して春ねぷたの運行がありました。さくらまつりで弘前を訪れた観光客の方々に、桜と一緒にねぷたも楽しんでいただこうと、弘前商工会議所が行なっているものです。
 今年はねぷたの他に、消防団の纏振りやよさこい津軽、岩木山の「お山参詣」などもあり、2時間ほどの間に、弘前周辺のまつり文化を楽しむことができました。
 夏まで待てないと集まってきた祭好きが町内やグループを越えてお囃子を奏でる様子は圧巻。見ている人もさかんにカメラを向け、「ねぷたの時期にも来てみたいね」という声も聞かれました。
 本格的な観光シーズンの幕開けに、こうした「予告編」的なイベントがあるのは、けっこう効果的かもしれませんね。

by ヤマモト

【4月】

4月26日(土)
野菜ソムリエ交流会

 青森県在住の野菜ソムリエたちの交流会が青森市であり、蒔苗と一緒に参加してきました。県内に80人ぐらいいる中から30人が出席。自己紹介のあとに、トマト5種類の品質について味比べのワークショップを行ないましたが、一番人気は「トマトチェリー」でした~。さて、どれがトマトチェリーかわかりますか?
 その後、青森県産野菜の蒸し物やシャモロックなどを取り入れた昼食。お互いに名刺の交換をしながら話が弾んだ2時間でした。

by 対馬

4月25日(金)
登録有形文化財指定のお座敷でジャズ

 金木町の斜陽館の隣にある「田舎路あいや宴会場」(旧西沢家住宅母屋)が登録文有形文化財と指定されたのを記念し、ジャズコンサートが行われました。西沢家は旧小泊に居住していた頃、北海道の礼文島に鰊漁場を有し財を得たと言われています。今は「お食事処」として使われていますが、中を見学することもできます。
 この日は、「夜桜ジャズナイト♪」と銘打って、このお座敷の中でのライブでした。私も実行委員として参加。キャンドルを100個ぐらい灯しながら、とてもいい雰囲気で終わることができました~。

by 対馬

4月24日(金)
DM発送

 昨年度の事業報告(抜粋)と今年度の事業についてDM発送をしました。今月中に皆さんのお手元へ届くと思いますので、ぜひご覧くださいね。
 そして今年もまた、料理教室、料理コンテストを開催しますので、ぜひご参加ください。
 また、昨年は大間へのマグロツアーでしたが、今年はハーブ農園見学と農家レストランでの昼食会を予定しています。詳細は後日またお知らせしますので、どうぞお楽しみに!!

by 対馬

4月19日(土)
蜜ろうキャンドル作り

 アピオあおもりにて、菜の花の蜜ろうキャンドル講座を開催しました。講師は横浜町の澤谷養蜂園店長の澤谷久美子さんですが、お手伝いとしてむつ市からお姉さんも駆けつけてくださいました。
 作業工程でハプニングもありましたが、何とか無事終了。今回は、お母さんと一緒に4人のお子さんも参加しました。キャンドル作りはもちろん、「蜂」そのものについてのお話もあり、とても楽しく有意義な講座となったようです。お家に帰ってからも作ってみたいと材料を調達していった皆さん、うまく作れたでしょうか~。
 詳しい内容はエルサーチレポートでご覧ください。

by 対馬

【3月】

3月26日(水)
「観光フォーラム2008」開催


 五所川原市のプラザマリュウにおいて「奥津軽観光の可能性をさぐる」と題してフォーラムを開催しました。このフォーラムは、青森県西北地域県民局からの依頼で、エルサーチが企画運営したものです。
 第1部は、秋田県観光カリスマ・佐藤和志さんと青森県観光カリスマ・角田周さんとのカリスマ対談。「何もないことが魅力」「すきま風がご馳走です」という佐藤さんの言葉が新鮮でした。

 第2部では、古牧温泉総支配人の佐藤大介さん、あっぷるぴゅあ代表の柳沢泉さんも参加し、パネルディスカッション。「地元の人は気づかないけど、外から見ると魅力と思える部分がいっぱいある」「いかに五所川原を近いと感じさせるか」など、観光客集客のためのヒントをいただきました。
 参加してくださった皆様、ありがとうございました。ぜひ、この奥津軽地域の魅力を発信していきたいですね~。

by 対馬

3月25日(火)
リキュール試飲評価会

 3月24日(月)~25日(火)の2日間、弘前のバー「デシカ」さんを借りて、リキュールの試飲評価会を行ないました。
 味はもちろん、ラベルとパッケージデザインについても意見や提案をたくさんお聞きしました。業者さんはそのアンケート結果などをみてから、デザインを決定し、味の改良もするかも知れないとのことでした。
 そうなると、一人ひとりの意見は重要ですよね~。皆さんはアンケート記入も真剣そのものでした。
 どんな商品になって販売されるのか、とても楽しみですね。

by 対馬

3月23日(日)
「寺山修司増殖計画」


 県立美術館のワークショップ「寺山修司増殖計画」に参加してきました。企画展『寺山修司 劇場美術館:1935~2008』に先立って、寺山の等身大パネルを製作し、街中に展示しようという催しです。
 午前中は、森崎偏陸さんのレクチャーでこの展覧会のために作られた映像作品「空には本」(朗読は俳優の三上博史さん)を観て、寺山ワールドにどっぷり浸ってから、パネルを製作しました。

 午後からは寺山のお面をつけ、中心商店街へ。買い物に来ている人たちも、突然現れた奇妙な集団に興味しんしん。パネルを抱えてウロウロしているうちに寺山と同化して(?)照れくささもどこかへ行ってしまいました。夫が申し込んでしまい、私と娘はおつきあいで参加したのでしたが、なかなか楽しい1日でした。
 展覧会自体も面白そう! みなさんもぜひ足を運んでみてください。(青森県立美術館で4月1日~5月11日まで)

by ヤマモト

【2月】

2月29日(金)
大阪方面視察研修

 2月25日~28日まで、「大阪・和歌山・東京」に生産者の方々と視察研修に行ってきました。
 25日の夕方に出発し、その日は前泊のみです。

 視察1日目(26日) 
 ホテルを8時半に出発し、大阪の黒門市場へ。大間のマグロの看板がありましたが、時期はずれのため品切れでした…。また、お漬物屋さんでは、試食品を全部小鉢に並べて、食べ比べしやすいように店頭に並べてありました(写真右下)。こんな試食品の置き方もあるのかと感心!

 その後は「アグリフードEXPO 2008 大阪」(国産農産物・展示商談会)を見学。青森県からはシャモロックの大鰐振興さん他3店が出店。話題の宮崎県は知事の顔が印刷された半纏を着て連なったブースで陣取っていたのですが、青森県はちょっとバラバラなのが残念かな?

 視察2日目(27日) 
 和歌山県の「JA紀の里・めっけもん広場」へ。朝9時頃にも関わらず、お客さんのすごいこと。カートいっぱいに白菜やキャベツ、大根など山盛りの買い物。生花も両手で抱えこみレジへ並んでいました。大阪からも買い物に来ているそうです。野菜の種類や量が多く、商品の並べ方も見事でした。お土産に買ったデコポンは、とても甘くみずみずしく美味しかったです。
 写真禁止とのことで、店内の様子がご紹介できないのが残念!

 昼食は「がんこ和歌山六三園」にてお昼の懐石料理を食べましたが、美味しさといい、おもてなしといい、言うことなし。さらにお値段も手ごろで、大満足のランチでした。
 その後は大阪に戻り、北東北3県合同の物産館「じぇんご」に寄ってみました。エルサーチ今月のプレゼントの「ほたて醤油」もありました。


 視察3日目(28日) 
 新幹線で東京へ。すごくいいお天気で新幹線の中から富士山がくっきり見えました。

 午前中は、有楽町にある「まちからむらから館」視察、午後からは河野律子先生の講演を聞きました。めっけもん広場を見学した後の先生の話は、大変わかりやすく話しやすい雰囲気で、生産者の方たちに好評でした。
 その後は飛行機で一路自宅へ。視察に参加した皆さん、地場産品の加工、販売に役立つヒントを得ることができたでしょうか?ぜひ、今後の事業に役立ててくださいね。

 さて、この視察研修で、唯一観光らしきものは、大阪城を30分ぐらい散策しただけでした。梅は大分咲いていましたが、時折雪が降る最悪のお天気、ここまで来ても雪にご対面とは…。
 3泊4日の超ハードな視察旅行も無事終わりホッとしましたが、我が家では、4日分の家族の洗濯物が待ってました…。トホホ…。

by 対馬

2月19日(火)
「売れる商品づくり」成果発表会


 平成19年度の「売れる商品づくり」成果発表会が青森市で開催されました。
 午前中はデザインに関する基調講演とデザイナー活用についてのセミナーがあり、午後は商品開発に関する基調講演と県産品マーチャンダイジング支援事業の対象となった方たち4組の事業成果発表がありました。
 第一次産品部門からは、六戸町の大西ハーブ農園さんが取り組みを発表、エルサーチの蒔苗がそれについてコメントしました。
 大西ハーブ農園さんの展示コーナーには、環境のことを考え、従来の発泡スチロール入りの商品をやめ、昔からの油紙を使用した新パッケージの商品が並んでいましたが、食べるのがもったいないくらいきれいに詰められていました。
 食べ物ばかりでなく、工芸品等の展示もあり、休憩時間だけではちょっと時間が足りなかったなあ…。詳しいことは、エルサーチレポートでご覧いただけますが、もうちょっと時間をください~。

by 対馬

>> 成果発表会レポートのページへ

2月13日(水)
静岡県焼津市からのお客様

 2月13日午後、かつおの日本一の水揚量を誇る焼津市から2名の職員の方がエルサーチの事業視察にみえました。
 「どうして、エルサーチを?」とお聞きしたら、インターネット検索中、当社のことを知ったとか。焼津市が次年度から実施する地域資源を利用した新事業サポート・システムづくりの参考に、という視察でした。何かお役にたちましたら嬉しいです。
 地方がもっともっと頑張りましょう!! という話になりました。
 お土産に、本場静岡のおいしいお茶を頂戴しました。ご馳走さまでした。

by 蒔苗

2月11日(月・祝)
FM青森開局20周年記念特別番組


 エルサーチでもイベント告知をした「AOMORISM~ラジオで徹底討論~青森応援プログラム」が、五所川原市金木町で行なわれ、お手伝いをして来ました。
 参加者は、ストーブ列車からの生放送、降りてからはもんぺ、かくまき姿に変身。その後、中継しながら会場となる太宰治ゆかりの新座敷まで歩き、青森のことについて徹底討論を行なうという番組でした。ところどころに地元の人たちも登場し、とても元気になる楽しい生放送でした。

 私は、途中から会場入りをしたのですが、ちょうど八戸出身の「タカチャさん」のライブ中で、熱気満々でした!!  スタッフの特権で終わったあとにタカチャさんと写真をパチリ!
 大間の島さんがマグロのTシャツを着ていたので、私はストーブ列車のTシャツで対抗?してみました。

 すみません~。会場の写真も写したのですが、なんと失敗でした…。でもタカチャさんとのツーショットだけは成功してました…。

by 対馬

2月9日(土)
澤谷養蜂園の「蜜ろうキャンドル講座」


 2月9日土曜日、アスパムの2階で開催されていた蜜ろうで作るキャンドル教室に行ってきました。先生は、「菜の花の生はちみつ」でお馴染みの澤谷養蜂園さんの店長・澤谷久美子さんでした。
 「蜜ろう作りの先生デビュー」ということでしたが、スムーズにわかりやすく教えていらっしゃいました。

 簡単そうに見えても、ちょっとしたコツがいくつかあることを知り、楽しくてあっという間の1時間でした。自宅で楽しめるセットも購入しちゃいました。
 できたら、エルサーチのカルチャー教室として開催したいなぁ~と思っています。

by 蒔苗

2月2日(土)
しかないせんべい「チョコレート祭」


 弘前市のしかないせんべい本店で2月2日、3日に行なわれた「チョコレート祭」に行ってきました。
 店内にはチョコレートフォンデュ専用の道具が置いてあり、かわいい楊枝に刺してあるいちごやバナナをつけて食べました。チョコそのものは甘すぎず、生のフルーツの甘みや酸味と合って、香りもよく、とても美味しかったです♪
 新商品や定番品の試食コーナーでは、ここぞとばかりに試食。熱いお茶やりんごジュースも用意してあり、お店の方の気配りが心にしみました。

 娘は「今日も元気!」というマドレーヌを使ったチョコケーキ作りを体験。家族で楽しめるイベントでしたよ。
 来店記念品のお菓子までいただき、恐縮するやらうれしいやら(うれしい方がずっと多いですが)。しかないせんべい本店では、年に1~2回、季節のイベントを開催しているそうです。次回が楽しみです。

by ヤマモト

←おみやげには、手書きのメッセージカードが。

2月1日(金)
青森県ふるさと食品研究センター見学

 六戸町の食品研究センターへ勉強に行ってきました。センターの山本部長さまに加工品の製造方法や施設の機械についてご説明いただきました。ここでは、農産加工品を作りたい方へ作り方の実習や指導、助言などをされています。指導などを受けて商品化された多くの県産品があることを知りました。
 実は、私がおじゃまする直前まで停電だったというお忙しい中でお世話になりましたが、とても勉強になりました。ありがとうございました。

by 蒔苗

【1月】

1月30日(水)
女性起業化ステップアップ講座

 中南県民局地域農林水産部からの依頼で、蒔苗と一緒にプレゼンの講話と演習をしてきました。
 「消費者を振り向かせるプレゼンの仕方」と題し、プレゼンをするときの準備段階を踏まえ、どのように組み立て、発表までこぎつけるか、蒔苗の画像を使った講義とワークショップ形式での演習です。
 私は、プレゼンの悪い例、良い例を実際に披露?しましたが、良い例は難しい…。皆さんの手本になったかどうか、ちょっと自信ありません…。得意の笑顔は出てたと思いますが。


 最後に、グループごとに発表してもらいましたが、皆さん、演習の成果が出て発表時間1分もばっちり、とてもうまくプレゼンできていました。これからは、自信をもってPRできるでしょう!! がんばってください。

by 対馬


1月27日(日)
下北への一人旅


 むつ市で開催された「2008冬の下北半島 食の祭典」の平成19年度地域水産加工振興研修会で講演をしてきました。
 ドライブ大好きの私ですが、今回は青森から片道約2時間かけての列車の一人旅でした。

 食の祭典は、むつ市内のホテルで2日間にわたり開催され、どのブースも大盛況。限定商品を買い求める長い行列ができていました。下北半島には、私が知らなかったおいしい品が、まだまだたくさ~んありました。ちなみに私が食べたのは、「けいらん」「マグロ丼」、川内町産の「ワイン」、手作りお菓子の数々…。とってもおいしかった! ご馳走さま!

 さて、訪問理由だった講演のテーマは「県内の事例から学ぶ成功のヒント」でした。ご参加の皆さま、熱心に私の話を聞いてくださいまして、ありがとうございました。
 新しい下北のおいしい商品を楽しみにしています。どうか頑張ってください。

by 蒔苗

1月10日(木)
海さんのパッケージ

 青森市にある「めん工房つきみの」(知的障がい者通所授産施設 月見野第2)ではラーメン、そば、うどんを作って販売しています。青森市内の方だけ限定ですが、配達してくれます。私はそばを食べてみましたが、おいしかったですよ~。
 さて、その麺類のパッケージに、今年は池田海さんデザインのマーク(写真は試作品)を使うことになりました。海さんの絵ってなんかホッとしますよね~。

 ちなみに、「パン工房つきみの」(関連施設の月見野作業所)もあり、パンの販売、配達もしています。こちらは今話題になっている米粉パンも製造していますが、なんたって食パンが一番かな!!

by 対馬

1月5日(土)
初仕事?

 皆さん、明けましておめでとうございます。
 子年のねずみに対抗して、今年はじっくりとスローに仕事をしていこうかと思っていますが、このペース、いつまで続くやら、結局は、段取りが悪く駆け足になってしまうかもしれません…。

 さて、津軽鉄道のストーブ列車での様子を写真に撮りましたのでご紹介します。
 この日は東京からのお客様がお見えでしたが、スタッフはするめを焼いたり、ストーブを前に写真のモデルになったり~。皆さんが楽しんでくれるならと大サービスです。

 また、金木駅まで歩いて来る途中、駅をデッサンしている青年に会いました。持ち前の好奇心で話しかけてみると、休みを利用して東京から来たとのことでした。斜陽館の絵も見せていただきましたが、とても丁寧に書いていましたよ。なんか、かっこいいですね~。

by 対馬

>>2006年のページ

>>2007年のページ

HOME > 今日のエルサーチ

The 企画エルサーチ
〒030-0823 青森市橋本2丁目14-2 豊ビル1階 TEL:017-718-1607 FAX:017-718-1609
Copyright The KIKAKU LSearch All Rights Reserved.