The 企画 エルサーチ
LSearch http://www/lsearch.jp/
HOME プライバシーポリシー サイトマップ
初めての方へ 新規会員登録 企業さまへ エルサーチについて お問い合わせ

2010

The企画エルサーチの日々の活動のようすを紹介します。

 

 TOPへ111

  ページへ

【11月】

11月14日(日) 
野菜ソムリエの親子料理教室

 今日は、青森県の横浜町吹越町内会主催の親子料理教室のお手伝いです。

 同じ野菜ソムリエの加藤さんも一緒に、南部小学校の調理室を借りて、特産のホタテ、人参、長いも、ごぼうを使って簡単にできる料理を5品ほど作りました。

 自信のあった「ゴマ風味キャロット」、大人には一番人気でしたが、子どもたちはイマイチの反応…ちょっとさびしかったなあ。

 雪がぱらつくのでは~と心配しましたが、快晴のいいお天気。
 菜の花で有名な横浜町へ久しぶりのドライブもでき、楽しい一日でした!

by 対馬

11月12日(金) 
ブナコ漆器工場&ショールーム見学

 ブナの木を薄くスライス状にし、それをさらに細くして土台に巻きつけながら作っていくブナコ製品。1つひとつ手作りしている工場を社員と一緒に見学してきました。

 さすが熟練の職人技、とにかく、正確で早い! その業に見とれてしまいました。
  (工場見学の写真、残念ながら失敗でした…スミマセン)

 その後、ブナコのショールームへ移動。テレビドラマで使われたというテッシュペーパーボックス、日が暮れると自然に色が変わる照明器具、どれも感動ものでした! 中でも、私はワインクーラーがとても気に入りました。
 さて、ブナコ工場では手作り体験ができるそうです。工場までの送り迎えとショールームの見学込みでお一人8,400円ですが、3月までは東北新幹線全線開業を祝して7,350円だそうです。

 この機会にオリジナルの作品を作ってみませんか?

by 対馬

11月5日(金)17時 
「あおもり光のファンタジー」オープニングセレモニー(点灯式)

 青森県観光物産館アスパムと周辺地域の活性化のために、アスパム壁面に「ムービングサーチライト」と「ムービングLEDライト」が新たに設置されました。

 さまざまな動きのある光と色のライトショーです。

 冬期間は、毎日18時~、19時~、20時~、21時~の4回、各5分間のショーが行われ、ショーの内容は季節やイベントによって変わります。

 青森駅周辺の夜の地域活性化の一翼を担うことでしょう。

 また、この「あおもり光のファンタジー」は、来年には、第2弾としてバージョンアップされることになっています。

 雪のシーズンには更にロマンチックな空間となるでしょう。ぜひ一度ご覧下さい。

by 蒔苗

【10月】

10月30日(土)
アスパムにて

 30日、アスパムで「食・みどり・水のフェスティバル」が開催されました。
  青森産品の即売会やバルーン教室、オープンマジック、よさこいが披露され、我が「稲垣藁の会」も体験ブースで藁工芸教室を開催。

 最近は忙しくてなかなかサークルに参加できなかったのですが、今日はその分張り切りました(笑)。
  そのご褒美にハロウィンのバルーンのプレゼントをいただきましたよ~。バルーンに負けないくらい大きな口で笑っている私です!!

by 対馬

10月17日(日)18日(月)
自由が丘料理教室

 17日、18日と2日間にわたって、ついに自由が丘では初めての料理教室を開催しました。
 とても広々としたきれいな調理室で、皆さんいい気分で調理ができたのではと思います。いつものように高城先生のなめらかなお話と一緒にデモンストレーションが始まると、皆さん釘付けとなりました。

 さあ、いざ調理! 初めてお会いした人たちとは思えないほど、和気あいあいと料理を楽しんでいらっしゃいました。

 2日目(18日)にはサンケイリビング誌の取材カメラが入りました。今回の料理教室の様子が11月終わりごろに掲載されます。首都圏の方はぜひ、ご覧くださいね。
 2日間にわたった料理教室、帰ったらすぐ復習(?)できるように、今回使った青森県産素材の一部をお土産としてお持ち帰りいただきました。作ってくれたかな?

by 対馬

10月16日(土)
トマトジュース飲み比べメニュー

 東京自由が丘料理教室準備のため、今日(16日)より東京へ。
 お昼過ぎに自由が丘に到着。まずは昼食をとろうと入ったところは、ビルの3階にある「セレブdeトマト」。テラスがあり、とてもいい雰囲気でした。
 ランチメニューを見ていると、トマトジュースの飲み比べセットを発見! 写真のように、ミニグラスに4種類のトマトジュースがセットされて出てきました。飲む順番があり、だんだん美味しくなっていくのがわかります。最後はポタージュスープみたいなまろやかさでした。

by 対馬

【9月】

9月9日(木)
「スズメバチにご注意!」

 本日は、三戸郡五戸町にある「りんご研究所県南果樹部」の参観デーへ。晴天の秋空がどこまでも広がっていました。
 最初に向かったのは、試験成果パネル展示や果実展示がされている「研修館」。展示されたさまざまな資料に、皆さん、食い入るように見ていました。

 展示室の隣には「果物試食コーナー・果樹栽培相談所」があり、食いしん坊の私は、さっそく試食コーナーへ!

 日本なしの「なつしずく」、りんごの「恋空」、ぶどうの「サニールージュ」、どれもみんな甘くて美味しかったです!
  ごちそうさまでした。

 その後、美味しい果物たちが育った果樹園に向かいました。最初に目に飛び込んできたものは…「スズメバチにご注意下さい」の看板!!
 スズメバチを実際に見たことのない私はビクビクしていましたが、木に実が生っているのを発見すると、スズメバチのことはすっかり忘れて、美味しそうな果物を眺めながら見学しました。

 秋といっても、まだまだ暑く、全部を回りきる頃には汗だくになっていました。

 ところで、「種なしぶどう」というのは、そういう品種なのではなく、作業工程で作られるものだということを初めて知りました! いろいろ勉強になった1日でした。

by 鳴海

【8月】

8月24日(火)25日(水)
第3回決め手塾 首都圏店舗調査

 今回の決め手塾は青森県を飛び出し、東京都内の食料品を取り扱う百貨店、スーパー、専門店、アンテナショップなど店舗調査をおこなってきました。

 まずは、塾生の皆さんが都道府県会館に集合し、オフィスカブラギ代表の蕪木俊毅氏の講義からスタート。食料品店のバイヤーが注目する商品のポイントなど、これから商品を作り上げていく塾生にとっては興味深い内容でした。
 講義終了後は、いよいよ各自店舗調査に出発。私たちも数カ所見学しましたが、青森県内のスーパーに比べ、品揃えが充実しており、小分けパックなど使いやすい商品も豊富でした。


 2日目の午前中は引き続き店舗調査をし、午後は調査報告会をおこないました。皆さん、これから作ろうと考えている商品の参考になる品を購入したり、店舗の方から情報を得たりと、熱心に回られていたようです。

 この2日間で、新たな発見や今後の課題も見えてきたようで、商品にどのように反映されていくか、とても楽しみです。

by 和田

【7月】

7月29日(木)
「青森の正直」販売力結集大会

 東北新幹線全線開業記念「青森の正直」販売力結集大会が、青森公立大学交流会館で行われました。会場内は満席で、結集大会にふさわしい雰囲気でした。
 まずは、三村知事の「青森の生真面目な性格によって造り出された“おいしくて安全・安心”の正直な食材を全国に発信していきましょう」と、力のこもったスピーチからスタート。

 三ヶ日町農業協同組合代表理事組合長・和田正美氏による、ブランド化成功や地域農業発展に尽力された貴重な講演、県内の生産者・加工販売者・消費者を代表して各1名が、今後の取り組みについてスピーチを行いました。

 東北新幹線全線開業まで約4ヶ月。県民一人一人が、青森の良いところをPRし、おもてなしの心で県外観光客を迎えることができれば、「きっと青森を好きになってもらえる」と改めて実感しました。

by 和田

7月22日(木)
実習「直売所でのおすすめ野菜料理のレシピについて」

 社団法人青森県物産振興協会様からのご依頼で、県内各地の産直施設に働く「産直施設機能強化推進現地サポーター」の皆様へ2回にわたって、お話と調理実習を受け持ちました。

 2回目となったこの日は、10種類のソース・ドレッシング・ディップを紹介し、お客さまにおいしく野菜を食べていただくため、自宅にある調味料で作るレシピ提案をしてほしいとお話ししました。

 実習では、新顔野菜のコリンキーを始め、小カブ、ズッキーニ、パプリカ、長いも、きゅうり等の県産野菜を使い、4グループが手分けして6品作りました。「おいしかった」「こんなソースは初めて」「自宅でも作ります」との声も。喜んでいただけて、ほっとしました。

 産直施設での皆さんのご活躍を楽しみにしています。

by 蒔苗

7月20日(火)
カシス収穫ボランティア体験

 青森市郊外にあるカシス農園へ「カシス収穫ボランティア」に行ってきました。
 本日は、総勢11名の参加です。天気にも恵まれ、心地よい気分で迎えたカシス収穫!
 採取の方法を教えていただき、いざ収穫!
 これが…めちゃくちゃ大変!一粒ずつとるのは簡単なのですが、なにぶん量が多い! 1時間かけて汗だくになっても、多くても1.5kg程しか収穫できませんでした。収穫時期も1~2週間しかなく時間との戦い…。
 この苦労があるから、美味しいカシスができるんですね。納得です!


 参加者の皆様も午前中は収穫ボランティア、午後はご自分の持ち帰り用の収穫ができるということで、採ったカシスをジャムにすると盛り上がっていました。

 林農園の皆様ありがとうございました。また、参加者の皆様もお疲れ様でした。
  次回の収穫ボランティアにも、ぜひ参加したいと思います!

by 三澤

(左)立って見ると何もないようですが、

(右)しゃがんでみると葉っぱの陰にたくさんの宝物が!!

7月16日(金)
デザインワークショップ

 「商品デザインに関する認識を高める」という目的で行われた、「デザインワークショップ」へ参加してきました。講師はビー・グループ代表取締役 井上毅士さん。


 メディアを通して宣伝広告を打っていない商品を、消費者が購入するには、目で引き付け、説得をし、好感のもてるものであること。時には作り手も買い手の立場になりながら、試行錯誤した結果、一番伝えたい部分を表現しているものが商品パッケージ。まずは、自分の商品をよく知り、どこがポイントであるかということを整理して、知っておくことが重要であるということを改めて感じた内容でした。

 今回のワークショップに参加した方々の商品が、これからどのような姿に変身して、最終的に店頭に並んでいくのか楽しみです。

by 赤川

7月1日(木)
第1回「決め手塾」

 昨年に引き続き、地域特産品ブランド化リーダー育成事業「決め手塾」(主催:青森県農林水産部総合販売戦略課)に聴講生として参加しました。
 今年で3年目となる「決め手塾」。今年度は5つのチームが自分たちの地域の特産品のブランド化を目指して塾生となり、11月までの約4カ月間、様々な勉強をします。
 午前中に2つの講義を受け、午後は「決め手塾」第1回卒業生の事例として「ふかうら雪人参ブランド化への道のり」と題し、深浦観光協会の飯島さんのお話を聞きました。
  実際に「決め手塾」に参加しブランド化を遂げた「ふかうら雪人参」の事例に、塾生の皆さんは興味深く耳を傾けていました。11月に塾生が卒業される頃には、青森県をさらに力強く引っ張っていくリーダーたちが誕生することでしょう。

by 山口

【6月】

6月25日(金)
農商工コラボマーケット【主催:青森県農林水産部 あおもり食品産業振興チーム、総合販売戦略課】

 「2010農商工コラボマーケット」と題して、異業種交流の催しがホテル青森で行われました。
  生産者、企業、関係団体等合わせて約200名もの方々にご参加いただきましたが、エルサーチも運営スタッフとして、会場受付や案内、写真撮影、総合司会を担当しました。

 場内は、プレゼンテーション会場、PRコーナー、商談コーナーなどが設けられており、発表に耳を傾ける人、熱心に自社の商品を説明している人、取り引きしたい商品を探している人などで、どのコーナーも活気に溢れていました。

 エルサーチもPRコーナーに出展させてもらいました。みなさんの反応が気になるところです…。

by 和田

6月24日(木)
実践! コミュニケーション!

 青森公立大学教授の蔵元礼子さんの講座「実践!コニュニケーション講座」に参加してきました。

 参加した方の動機はさまざまですが、私は「場を和ませられるようなコミュニケーションを学びたい」という思いで参加しました。
 「実践」というだけあり、ペアになって聞き手になったり、話し手になったり、ときには相手が聞いてない振りをしているところに、1分間話し続ける…など、内容が盛りだくさん!
  たくさんの気づきを短時間で与えられ、あっという間に講座が終了してしまい、とても有意義な時間を過ごしました。

 講座が始まる前は初対面だった皆さんも、講座終了後には、まるで前から知り合いだったかのように打ち解け、場の空気がとても和やかになっていたのが目に見えて感じられました。
 「自分自身と向き合うところからコミュニケーションはスタート」という蔵元さんの言葉がとても印象的でした。日々振り返りながら、「場を和ませられるコミュニケーション」を実践していきたいと思います!

by 赤川

6月22日(火)23日(水)
「買ってもらえる商品づくり支援事業」

 6月22・23日の2日間にわたり、「買ってもらえる商品づくり支援事業」商品選定会があり、私たちは盛り付けや配膳のお手伝いをしてきました。昨年は「消費者評価会」からの参加でしたが、今年は応募商品全てを見ることができる、またとないチャンス! と思いドキドキしながら会場へ。
 エルサーチのロゴの入った新しいエプロンを着けて、ピンっと背筋の伸びる思いです。


 時間になると、応募者の方がアイディア満載の商品とともに次々に会場入りしてきました。どの商品も、応募者の方の苦労や努力から生まれて今回の参加に至っているのだと思います。商品に対する応募者の方々の思いも、お皿に一緒にのせてお届けできたでしょうか。
 これから、この商品たちはたくさんの人の意見や手が加わることにより、さらに良い商品になってみなさんの手に届くことでしょう。

by 山口

【5月】

5月5日(水・祝)
桜吹雪

 そっと風が吹くだけではらはらと舞い散る桜に、お弁当を広げる人たちから「うわぁ~」と、歓声のような、ため息のような声。
 お堀を埋め尽くす花びらも見事です。また来年…と声をかけたくなるような景色でした。
 ソメイヨシノは桜吹雪となりましたが、これから見頃を迎える紅八重枝垂や八重桜も楽しみです。

 満開は、桜ばかりではありません。

 色とりどりに咲き誇る椿。樹齢300年以上という銀杏はかわいい芽を出して、まだまだ元気いっぱいです。

by ヤマモト

5月3日(月・祝)
満開の桜

 4月後半になっても、なかなか咲かなかった桜が、5月の日ざしを受けて一気に花開きました。弘前公園は、どこを見ても桜・桜・桜。大型連休とぴったり重なって、見物の人も車もすごい数でした。
 朝も昼も夜も桜三昧。ようやく訪れた北国の春のうれしさ満開です。

by ヤマモト

【4月】

4月29日(木・祝)
八戸ばくだん

「アスパム丼どんまつり」で出会いました。
 県内各地のおいしいものを集めたオリジナル丼が13種類。どれにしようか目移りしましたが、ご当地どんぶり選手権優勝の実績が決め手となり、「八戸ばくだん」をチョイス。
 タレに漬け込んだイカ、いくら、卵黄がベストマッチ!! どれも新鮮だからこその味わいでした。レシピをいただいたので、家でも「オリジナルばくだん」を楽しんでみたいです。

by ヤマモト

4月17日(土)
新幹線新青森駅


 2002年12月に八戸駅開業を迎えた東北新幹線が、2010年12月には新青森駅まで全線開通となります。今日から従来の奥羽本線との駅連絡通路がつながったということで、ちょっと見てきました。東口の方は駐車場もきれいになっていました~。
 実は弊社事務所は新青森駅のすぐ近く、徒歩5分ぐらいのところにあります。今までは、東京出張はほとんど飛行機でしたが、3時間ちょっとで行けるとなると新幹線の利用価値大になりそうです。これからのできあがりが楽しみです。

by 対馬

4月12日(月)
ビジネス文書の書き方研修

 2日(金)と2週連続で、ビジネス文書の書き方について研修を受けました。
 講師は行政書士の齋藤晴彦さん。本業の他、ビジネススクールの講師や結婚式の司会をなさっているというだけあって、とてもわかりやすいお話で、楽しく学ぶことができました。
 研修は、講義と実習を合わせた授業形式。社会人になってかなりの年月を我流でやり過ごしてきた私には、とてもよい勉強になりました。授業中に指名される緊張感も久しぶりに味わうと新鮮!?
 形式さえ整っていればよいと思いがちなビジネス文書ですが、先方に対する敬意や感謝の気持ちがなければ、心の通う内容にはならないということを学んだ2日間でした。
  齋藤先生、ありがとうございました!!

by ヤマモト

【3月】

3月25日(木)
フォローアップ研修

 早いもので、私たち「調査隊3人組」が入社してから10ヵ月が経過し、これまでたくさんの生産者さんや企業さんを訪問させていただきました。その際の接遇とマナーを再チェック! ということで、入社時にも研修をしていただいた講師・長岡るみ子さんに、今回も実習も交えながら教えていただきました。


 正しい敬語やマナーはもちろんですが、「笑顔のまま話し続けること」や「相手のペースを感じながら話すこと」など相手に与える印象や気遣いが、コミュニケーションの中でとても大切なことだと改めて感じました。

 緊張のあまり顔がこわばったり言葉を噛んだりしてしまいましたが、私たちも長岡さんのように、いつでも自然な優しい笑顔でお話ができるようになりたいと思いました。

by 寺井

3月15日(月) 
岩手県の産直施設を見学

◆道の駅にしね~大人気!!「ほうれん草豆腐」

 今日は、社員全員で岩手県内の産直施設視察に行ってきました。まず最初に訪問したのが、八幡平市にある「道の駅にしね」。施設内にある産直コーナーは、素材ごとに棚が分かれていて、手書きの野菜のイラストが貼られているので、欲しいものが見つけやすく、そして温かい雰囲気です。

 この地区ではビニールハウスで栽培された「雨よけほうれん草」が年間通して収穫され特産品となっています。そして、その栄養満点なほうれん草入りの豆腐が大人気!!地元住民から観光客まで、まとめ買いされる方が多数いるとか。どこへ行っても豆腐を買ってしまう私も、もちろん買物かごへ。

 一緒に購入したのが、「安比高原産 舞茸ノンオイルドレッシング」という、キノコをドレッシングにした珍しい一品。
 早速夕食時に、ドレッシングをかけたほうれん草豆腐の冷や奴に。お豆腐はほうれん草のえぐみなどが全くなく、ほうれん草の風味がほんのり味わえました。舞茸ドレッシングはキノコの特有の風味とショウガが効いているので、最高の組み合わせ!
「八幡平市のおいしいもの」ごちそうさまでした。

by 寺井

◆岩手県道の駅「雫石あねっこ」

 弊社の研修で、雫石町にある「道の駅あねっこ」へ行ってきました。ここはかなり大型の道の駅で、産直・キャンプ場などが併設されていて、地のものを食べる・自然に触れることが一同に体験することができます。
 雫石町にはいい自然の湧水があるそうで、お米・わさび・小麦をはじめ、とても良い作物が育つそうです。産直コーナーを見ていると、一番目についたのはお酒のコーナー。地元産のお米を使用した商品が幾つもありました。

 次に目に入ったのは、わさびのコーナー!生はもちろん、ドレッシング・練りわさびにと加工された商品がいくつかありました。特にこちらの商品「わさびねがぁー」はネーミングが面白いなと思いました。
 その他、地元産南部小麦・米・大豆をそれぞれ使用したパン・お豆腐・味噌などがズラリ! 思わず手を伸ばしてお土産として買いたくなるような魅力ある商品がたくさんありました。青森も負けるな!と一人心の中でつぶやいたのでした。

by 赤川

◆賢治の大地館

 本日、3件目の訪問は盛岡市内の街の中にあるクロステラス盛岡内の「賢治の大地館」です。おしゃれな雑貨屋や書店が立ち並ぶ1階の入り口付近に、2009年10月にオープンしたばかりの「街なか産直」はありました。

  青森でいうとアウガの中に流行りの洋服と一緒に産直があるような雰囲気でしょうか。利用されているお客様は、街なかという事もあり、老若男女様々でした。統一されたディスプレーがとても見やすく、壁には一面に生産者の顔やメッセージが飾られています。

 私の興味をわしづかみにしたのは「パン」。
「南部小麦」と呼ばれる地元の小麦を使ったものや、「県産米粉」と使ったもの、そしてびっくりしたのは米粉ではなく「ごはん」を練りこんでいるパン。米粉とは違うもっちりとした食感とほんのりご飯の香りがします。これは…ぜひ…作ってみたい!

by 山口

3月16日(火)
西北五地域医療フォーラム

 市民活動として取り組んでいる地域医療活動ですが、本日、エルムホール(五所川原市エルムショッピングセンター内)で6回目のフォーラムを開催しました。
 今までは、主に中核病院建設についての話題が多かったのですが、今回は医療を受ける側に焦点をおき、「かしこい患者入門」と題して辻本好子さんの講演と、「連携」をキーワードにパネルディスカッションを行ないました。


 辻本さんのお話はとてもわかりやすく、医師と患者のコミュニケーション、そして病気に対して自己決定することの大切さ等々、とても参考になるお話でした。時間が足りなかったのがとても残念(とはいえ、企画した私のミスですが…)。 

 地道な活動ですが、これからもがんばりますので、応援よろしくお願いします!

by 対馬

3月13日(土)
「やわらかブルーベリー」試食販売

 アスパム地場セレクトがリニューアルオープンしました!
 今年から、エルサーチ商品「やわらかドライブルーベリー」が地場セレクトデビューをしましたので、急遽、私たちも野菜ソムリエのユニフォームで試食販売をしてきました。今回はいつものドライベリーの他に、ベリーたっぷり米粉入りパンも限定販売。こちらも大好評でした!
 無農薬栽培された青森県産100%のブルーベリー、価格は輸入ものと比べるとちょっと高いと感じるかもしれませんが、「安心・安全」に加えて、ドライフルーツでありながらやわらかく加工しているので、とてもいい食感。「県産品お土産としてもいいね~」とうれしいお言葉もいただき、1日が終了しました。

by 対馬

3月13日(土)
アスパム(青森観光物産館)最上階のごちそう


 アスパムの最上階でランチ。「長谷川牧場のポークカレー」1,000円を食べました。
 写真のように、ご飯のトッピングにアピオスも1個ありました。ルーもなかなかのお味でしたし、お肉もたっぷり。加えて、海に向かった席からの絶景もごちそうでした~。

by 蒔苗

3月12日(金)
食品加工合同展示試食会(アスパムにて)

 (独)青森県産業技術センター主催で開催している食品加工合同展示試食会に行ってきました。

 さすが、技術屋さん、それぞれに工夫を凝らしたものばかりでしたが、もう少し県産品使用にこだわってほしかったなあ…というのが本音です。コストの部分を考えるとなかなかできないのかもしれませんけどね。

 遊び心で作った折鶴、実はカボチャシートで作っていました~。私的には、きんぴら入りご飯パンが美味しかった!

by 対馬

3月3日(水)
あおもり女性デザイン会議

 新幹線新青森駅開業をテーマに、青森・八戸・弘前の各地域で主に観光の分野で活躍されている女性4名が意見を交わす「あおもり女性デザイン会議」に参加してきました。コーディネーターを務めたのは、弊社専務の対馬です。
 この日は桃の節句ということもあり、壇上近くにお雛様が飾られ、和やかな雰囲気で始まりました。


 しかし始まると、さすが地域の第一線で活動されてきた方々だな!と感じ、とても勉強になりました。
 皆さんの活動内容は、消費者としての女性の視点からや、企業・経営者としての視点など様々。住んでいる場所も違う皆さんですが、青森県を盛り上げていきたいという思いは共通。とても熱いものを感じました。中でも青森県観光連盟の九戸さんのお話はとてもパワフルでした!

 「もっとこうしたら」という思いを形にしていこうと行動されている皆さんが、壇上でとても輝いて見え、女性のパワーってすごいな!とつくづく感じました。

by 赤川


【2月】

2月22日(月)
若手女性起業化推進セミナー「ITを活用した“こだわり”の伝え方と販売促進」

 西北県民局地域農林水産部普及指導室からご依頼をいただき、対馬と2人で1時間半のセミナーを担当。レポート作成のために、セミナーに同行することは今までに何度もありましたが、講師という立場で話をするのは初めて。ものすごく緊張しました。
 参加者のみなさんのお役に立てるような話ができたか心もとないのですが、対馬のフォローもあり、何とか持ち時間を終えることができました。

 起業をめざしてがんばっていらっしゃるみなさんに、逆に力づけられた部分も。準備を通して、自分の仕事をふり返ることができたのも大きな収穫でした。拙い話を聞いてくださったみなさん、ありがとうございました。
 この日は2が5つ並ぶ珍しい日だったのに、話の中で触れる余裕はありませんでした…。

by ヤマモト

2月19日(金)
第3回起業パワーアップセミナー「消費者が求める商品づくりと商品PRの伝え方」


 下北地域県民局の普及指導室さまからテーマをいただき、2時間半、話をしてきました。
 休憩時間には、エルサーチのブルーベリーのドライ製品2種を試食してもらい「おいしい」と言っていただきました。今夏の収穫分から下北の方々ともコラボしていくことになりそうです。楽しみです。
 「今年の冬は下北半島も雪が多くて~」という中を、皆さま、ありがとうございました。

by 蒔苗

2月15日(月)
平成21年度商品づくりセミナー

◆商品づくりセミナー

  平成21年度商品づくりセミナーがラ・プラス青い森で開催されました。会場では、合同会社フォーティR&C代表・水津陽子氏の基調講演や、県内3事業者によるビジネスモデルの事例発表、2名の講師による商品力向上セミナーなど、商品づくりや改良、販売戦略に役立つ情報が満載でした。
 私が印象に残ったのは「味の加久の屋」さんの発表。以前、エルサーチで行った消費者モニター会議に二度出品された「焼鯖めしの素」のお話でした。一度目に上がった消費者の声に応えようと、味・パッケージ共に研究と改良が重ねられ、二度目のモニター会議では魚臭さが苦手な方からも「おいしい!」と好評価。私たちも試食させていただきましたが、あまりのおいしい変化に驚いたことを思い出しました。
 「新商品を作りたいんだけと…」「どんな改良をして、どんな販売方法にすれば…」と頭を悩ませている事業者さんにとって、たくさんのヒントが詰まっていたように思います。

by 寺井


◆商品展示室より~さざなみの香り編~

 私が担当したのは、風間浦村で海藻類を主に加工販売している、さざなみ生活改善グル?プが作っている「さざなみの香り」シリーズです。
 全部で9種類の海草それぞれが封筒に入る大きさに袋詰めされていて、旅先から手軽にお土産として発送できるという部分が特徴。今回はその中の「ふのり」と「わかめ」それぞれを味噌汁に入れて試食していただきました。
 直接生産者さんにお話をお伺いしてきたこともあり、商品説明にかなり力が入りました! 特に「ふのり」は小分けになっていて、一つ一つがちょうどお椀に一杯分であるということを伝えると、「手軽で便利だ」という声が多く、とても評判が良かったです。
どんな特徴が有ってどんな所に気を配って作っているか…試食をした人の記憶の中に味と商品のストーリーが残ってくれれば…と思いました。

by 赤川

◆試食コーナー(やわらかドライブルーベリー)

 エルサーチの新商品「やわらかドライブルーベリー」と「やわらかドライベリーチョコ」を担当しました。ベリーを使ったパンと一緒に試食していただくため、セッティングして準備はOK!

 12時の試食が始まると、早速人・人・人……「おいしい!」「どこで売っているの?」の声に思わず笑顔になってしまいました。『商品の説明もしないと!』と気持ちは焦りますが、手と頭と口が一緒に動かない私………。
 お客様の応対と商品説明を主任に助けてもらって、ひたすらベリーを飾るので精一杯。
 反省点も満載でしたが、お客様の直接の声を聞き、同じように商品開発をしている様々な企業の方とお話しすることができ、とても勉強になりました。
 お忙しい中、参加してくださった皆様に本当に感謝です。

by 山口

2月13日(土)
弘前城雪燈籠まつり


 11日から始まった雪燈籠まつりへ。

 真冬日が続いたおかげで、まつり3日目の雪燈籠もきれいな形をキープしていました。

 いつもの燈籠や大雪像に加え、今年は雪で作った小さな街も出現。
 厳しい冷え込みの中、たくさんの人がライトアップされた雪燈籠の冬ならではの美しさを楽しんでいました。

by ヤマモト

【1月】

1月24日(日)
視覚障害者のための冠婚葬祭マナー

 青森県視力障害者福祉連合会青年部の研修会が、青森市の平安閣アネックスで開催され、エルサーチは企画・運営を担当しました。
 フリーアナウンサー・長岡るみ子さんによる「お祝い事のマナー」に続いて、青森冠婚葬祭互助会スタッフによる「葬儀のマナー」のお話があり、約2時間の充実した内容の研修会でした。
 質問コーナーでは「取り分ける料理が出る席や立食パーティでは、ほとんど何も食べられずに帰ってくることもある」という参加者の切実な声も出て、胸を突かれる思いでした。マナーを学ぶと同時に、見えない人の不便さを知ること、招待する側や同席する人の心配りが不可欠だと改めて感じました。私たちにも、学ぶことの多い研修会でした。
 当日のようすは、後日レポートで紹介します。       by ヤマモト

1月17日(日)18日(月)
青森の素材を使った料理教室2010 in 渋谷

 青森県産素材の豊かさを首都圏の方に知っていただこうと始めた料理教室も、今年で5回目。多数の応募者から厳正なる抽選で選ばれたラッキーな43名の方が参加してくださいました。
 講師・高城順子先生のデモンストレーションに「まるで料理番組みたい!!」と感激の声。「長芋のかゆみを防ぐには、手に酢を塗っておくとよい」「肉の焦げ目は、たんぱく質がアミノ酸に変わって美味しくなった印」など、なるほど~と思うお話をたくさん聞くこともできました。
 初対面の方ばかりでしたが、すぐに打ち解けて和気あいあいと楽しい料理教室でした。

 首都圏では珍しい県産素材のおみやげも好評で、「さっそく家で作ってみます!!」というみなさんの笑顔に、私たちもうれしくなりました。本当にありがとうございました。
 当日の様子は、後日レポートでお知らせしますので、そちらもお楽しみに。

by ヤマモト

1月17日(日)
青山マルシェ

 
 料理教室初日を終え、高城先生と青山の「紀ノ国屋インターナショナル」へ。高級スーパーだけあって吟味された食材がいっぱい!! 品揃えの豊富さと接客の良さはさすがでした。
 その後、国連大学前の「マルシェ」へ。おしゃれな三角屋根のテントの下で、野菜やジャムなどの加工品を生産者自ら販売し、そのまわりには食べものの屋台も。見やすく手に取りやすいディスプレイはヨーロッパの市場(マルシェ)のよう。売り手と買い手の距離が近く、しゃべっているうちについつい買いたくなってしまいます。
 たくさん出ている中に、青森県出身の方のお店を発見!! しじみ入のトマトソースやりんごジュースなどを販売していました。青森から離れた場所で出会うと親近感がいっそう増すから不思議ですね~。

 青山という場所柄を生かした心憎い売り方で通う人も増えて、新しい名所になりつつあるようです。

by ヤマモト

1月16日(土)
とことん青森2010 in 原宿・表参道

 「あおもりの素材を使った料理教室」準備のため、前日から東京入りしました。お昼前に青森を出発、羽田空港から会場の渋谷へ向かう途中、駅のホームに青森の観光キャンペーンのポスターが大きく貼り出されていました。
 料理教室の準備の後は、新幹線開業イベント「とことん青森2010」の様子を見に、夜の表参道へ。歩道にはフラッグが飾られ、いくつかの飲食店では青森の食材を使った料理が提供されています。

 パンフレットをじっくり眺めた末、5つの料理を出している「ほの字」へ。お洒落なビルの中にあるお店の入り口には、「とことん青森限定メニュー」が写真入りで紹介されていました。
 私たちは「ごぼうのさつま揚げ」「アピオスの塩蒸し」「ながいものチーズケーキ」「サンふじのババロア」を注文。どれも美味しかったですよ~♪ 翌日の料理教室のことを考えてパスした「にんにくのオイル焼き」は隣のお客さんが食べていて、とてもいい匂いがしていました。お店の人によると、青森メニューは好評だそうですよ。

 他にも、フレンチやイタリアンなど、表参道のさまざまなお店で工夫を凝らした料理が提供されています。23日、24日には青森ねぶたも出陣しますので、お近くの方、ぜひお出かけください!!

>>とことん青森2010特設HP

>>首都圏のあおもり関連イベント

by ヤマモト

1月10日(日)
行ってきました! のっけ丼

 青森魚菜センター・青森公益魚菜市場・青森生鮮食品センターからなる通称「古川市場」は青森市民の台所。ここで企画された「のっけ丼」が去年から気になって…とうとう行ってきました!!

 ワクワクしながらオレンジののれんのお店でご飯を購入。お刺身やお惣菜を求めて紺色ののれんを探していると、同じように丼を持った方々と遭遇。他の人の丼をのぞいてみたり、「いいものあった?」と声をかけられたり。
 まるごと1本のタコの足を眺めていた娘が「タコを少しだけ欲しいんですけど」と声をかけると、「50円で2枚ね!」と元気な返事に娘も思わず笑顔に。

 お店の人やお客さん同士の会話を楽しみながら、あっという間に丼は完成。
 「タコ2枚って言ってたのに3枚入っていたよ~!」と、うれしい驚きもあって、安くて楽しくておいしい大満足のランチタイムでした。

by 山口


1月9日(土)
長~い行列

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

 1月9日~11日まで、アスパムカレーまつりが開催されました。ご当地カレーが食べられるとあって大行列。県内各地から集めた14種類のカレーがなんと1皿200円(ハーフサイズ)で食べられるんですものね、行列も納得!イベントでは指笛演奏も行なわれていました。


 さて、本日から、エルサーチオリジナル商品「やわらかドライブルーベリー」「やわらかドライベリーチョコ」が青森県観光物産館アスパムの「地場セレクト」にデビューしました。無農薬で作られた田子産のブルーベリーを使っています。お手軽な小袋入り(200円、チョコは300円)も準備しましたので、ぜひお立ち寄りくださいね!

by 対馬

HOME > 今日のエルサーチ2010

The 企画エルサーチ
〒030-0823 青森市橋本2丁目14-2 豊ビル1階 TEL:017-718-1607 FAX:017-718-1609
Copyright The KIKAKU LSearch All Rights Reserved.